明石市 大久保 眼科全般・コンタクトレンズ・白内障日帰り手術【やすずみ眼科】

やすずみ眼科 院長:安澄 衛一郎〒674-0064 兵庫県明石市大久保町江井島915-2 Yasuzumi Eye Clinic お問い合わせ 078-947-6606
やすずみ眼科:診療のごあんない

診療時間

診療時間 日祝
午 前
9:00〜12:00
午 後
3:00〜 6:00

休診日:
木曜と土曜の午後 日曜・祝日
火曜日の午後は白内障手術

初診の方へ

初診時にあらかじめ問診表をダウンロードして記載し、受付時に提出していただくと待ち時間が短くなります。

初診時 問診票ダウンロード

診療科目

眼科全般

患者様に安心、納得していただける治療を目指します。
病気の成因、治療の経過、薬の作用副作用等、丁寧にわかりやすい説明をいたします。
緑内障、加齢性黄斑変性症などの早期発見、さらに予防医学にも力を入れております。

こんな症状でお悩みの方
  • 目がかゆい
  • 目やにがでる
  • 目が充血する(赤くなる)
  • 目が乾く
  • 物がかすんで見える
  • 視野が狭くなったように感じる
  • 物が二重に見える
  • 光がまぶしい 等
眼科全般 やすずみ眼科
病診連携について

身近なかかりつけの医師と大きな病院が連携して患者様の治療にあたる病診連携を行っています。
日頃は身近なかかりつけの医師が病院を紹介し、病院の医師と相談しながら治療をすすめていきます。
かかりつけの医師と病院が連携して治療にあたることで、患者様は同じ検査を病院が変わるたびに受けるといったことがなくなり、より効率的、効果的な治療を受けることができます。
やすずみ眼科では、大学病院、総合病院、または近隣の医院との連携をはかり、皆様の不安、悩みを解消できます様、眼の治療を主体としまして、全身的な面からもサポートします。

このページのトップへ
 
コンテンツメニュー
診療時間
診療内容
初めて受診される方へ
日帰り白内障手術
当院で可能な主な検査内容と設備

院内風景

やすずみ眼科:受付   やすずみ眼科:待合室
受付
受付はオープンカウンターを採用しています。また、院内はバリアフリーですので、車イスの方やご年配の方でも安心してご来院いただけます。
投薬は院内処方で診療終了後すぐにお薬をお渡し出来ます。
待合室
待合室は患者様がゆったりと待ち合い時間を過ごせるように座席を配置しています。
やすずみ眼科:検査室 やすずみ眼科:診察室
検査室
より良い検査が受けられるよう患者様の立場に立って最新の検査機器を揃えております。
診察室
患者様に目の状態をご確認いただけるよう、モニター画面に眼の状態を映し出して病状を視覚的にわかりやすく説明しています。
このページのトップへ

主な検査設備

やすずみ眼科:OCT(眼底三次元解析装置) OCT(眼底三次元解析装置)
視力に最も重要な黄斑や視神経乳頭など網膜の断面を顕微鏡で組織切片を見るように細かく観察できる最新鋭の検査機器です。
加齢黄斑変性・糖尿病網膜症・黄斑浮腫・黄斑円孔などの診断・治療に役立ち、経過観察を効果的に行うことができます。緑内障に関しては視野検査で異常が確認できないような極初期に網膜が薄くなる変化を発見できます。
検査は短時間で患者様のご負担なく行うことができます。
やすずみ眼科:視野計(ハンフリーフィールドアナライザー HFAV) 視野計(ハンフリーフィールドアナライザー HFAV)
カールツァイス社の最新機種を導入しました。
緑内障では自覚症状が無くても視野(見える範囲)が部分的に欠けたり、狭くなったりします。この視野の検査に世界で最も広く使われ、信頼されている機械がこの視野計です。片眼5分〜10分でコンピューターを使って精密に測定し、緑内障の早期発見や進行度の把握に役立ちます。その他、視神経や脳疾患から起きる視野異常などの検出も行います。
やすずみ眼科:オートレフケラトメータ オートレフケラトメータ
自動的に近視・遠視・乱視などの眼球の屈折状態を測定し、角膜屈折力も測定する最新の装置です。
やすずみ眼科:非接触型眼圧測定装置 非接触型眼圧測定装置
眼圧(目の硬さ)を正確に測定する最新の装置です。緑内障等の有無をチェックします。
やすずみ眼科:スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮細胞解析装置) スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮細胞解析装置)
角膜内皮細胞は角膜(黒目)の一番内側にあり、角膜の透明性の維持に重要な働きをしている細胞ですが、コンタクトレンズ装用による酸素不足や白内障手術後に、この細胞が脱落し数が減少してしまいます。スペキュラーマイクロスコープは角膜内皮細胞の数、大きさ、形などを解析し角膜の健康状態をチェックするのに役立ちます。
やすずみ眼科:レーザー光凝固装置 レーザー光凝固装置
レーザー光線によって網膜や虹彩の組織を熱凝固する装置です。緑内障発作の予防的治療や糖尿病性網膜症、網膜剥離裂孔など色々な網膜の病気に対して使用します。
やすずみ眼科:超音波画像診断装置 超音波画像診断装置
高度に進行した白内障や眼球内の大量出血によって眼底が全く見えないような場合に、超音波による反射で眼球断面を描画して網膜剥離などの重大な異常が眼内で起きていないかを調べる装置です。
やすずみ眼科:両眼視簡易検査器(ワックD−5000) 両眼視簡易検査器(ワックD−5000)
器械の中に綺麗な立体風景を設置しており、5分間その立体風景を眺めるだけで遠くの風景を長時間眺めているのと同じ効果があり、仮性近視の治療や眼精疲労の軽減などの効果のある装置です。
眼の緊張状態をほぐす機能を備えており、長時間の近業作業(デスクワーク、お子様などの勉強、ゲーム、細かな作業の趣味)等で調節緊張状態になっている方に有効であり、眼鏡・コンタクトレンズの過矯正防止にも役立ちます。
このページのトップへ

日帰り白内障手術

眼科全般 やすずみ眼科 水晶体(レンズ)最先端の手術設備を備えた医院を利用して白内障手術を行います。
手術当日はやすずみ眼科から手術を行う施設まで送迎し、手術は院長が責任をもって行います。手術の内容は、ほとんどの人は、角膜(黒目)に3mmの小さな切開を加えて超音波を使って濁った水晶体を取り除き、代わりに人工レンズを入れる手術を行います。局所麻酔で行い、痛みはほとんどありません。手術の時間はほとんどの方は10分以内で済みます。硬くなり過ぎた白内障などの難しい人は30−60分です。
手術翌日以降の術後の診察はやすずみ眼科で行います。


このページのトップへ

コンタクトレンズ

眼科全般 やすずみ眼科 コンタクトレンズコンタクトレンズは高度管理医療機器です。
眼科医の指導のもとに使用することで、安全で快適にコンタクトレンズを使用することが出来ます。レンズの選び方、使い方、ケア方法を誤るとトラブルに発展するケースがあります。
調子よく感じていても、自覚症状無しに目に障害が発生したり、レンズに汚れがついていることがあります。そのようなトラブルを未然に防止するために、専門医による定期検査、処方を受けて下さい。
※ 検査は保険で出来ますので、必ず健康保険証をご持参ください。

ジョンソン&ジョンソン社製アキュビューアドバンスが製造終了となり、
メーカー在庫がなくなった度数は購入出来なくなります。

当院の主な取扱いコンタクトレンズ
  • 1日タイプ使い捨てソフトコンタクトレンズ
    ・ジョンソン&ジョンソン ワンデーアキュビューモイスト
    ・クーパービジョン バイオメディクスEV
    ・クーパービジョン マイデイ New!
  • 2週間タイプ使い捨てソフトコンタクトレンズ
    ・ジョンソン&ジョンソン アキュビューアドヴァンス
    ・ジョンソン&ジョンソン アキュビューオアシス
    ・ボシュロム メダリストプラス
    ・クーパービジョン バイオフィニティ
  • 乱視用使い捨てソフトコンタクトレンズ
    ・ボシュロム メダリスト66トーリック(2週間タイプ)
    ・ボシュロム メダリストワンデープラス乱視用(1日タイプ)
  • ハードコンタクトレンズ
    ・サンコンタクトレンズ マイルド II
    ・サンコンタクトレンズ マイルドパーム
  • カラーコンタクトレンズ 
    ・ジョンソン&ジョンソン 2ウィークアキュビューデファイン(2週間タイプ)
    ・ボシュロム ナチュレール(1日タイプ)
    ・シード アイコフレ1dayUV(1日タイプ)
  • 遠近両用ソフトコンタクトレンズ 
    ・クーパービジョン プロクリアワンデーマルチフォーカル(1日タイプ)
    ・クーパービジョン バイオフィニティマルチフォーカル(2週間タイプ)
    ・ボシュロム メダリストマルチフォーカル(2週間タイプ)